屋久島フォトハイクツアー(早朝/半日プラン)


屋久島写真,ネイチャーフォト,フォトトレッキング,フォトレクチャー,写真の撮り方,半日過ごし方,カメラ初心者
カメラを通して見る、屋久島の世界へようこそ

本ツアーは、2020年9月1日以降より、開催致します。



カメラを持って、屋久島の自然と向き合う。写真を通してしか見えない世界がある。


島結のフォトハイクツアーは、カメラ初心者のためのフォトツアーです。

 

カメラ初心者とは、ミラーレスカメラや一眼レフカメラを持っているけど、もしくは買ったばかりで、普段Autoモードで撮影しているという方です。Autoモードで撮影すれば、失敗はほとんどなく、美しい写真が撮影できます。でも、それは時として、自分が見た風景とは異なる風景だったりします。「私が見た苔の森は、もっと一面が緑だったのに…」そんな悩みを抱える方々に、カメラのマニュアルモードで、自分がイメージする写真を撮ることを目的としたツアーです。

 


ガイドご紹介(屋久島フォトハイクツアー)


島結-SHIMAYUI-
代表 笹 川 健 一 Kenichi Sasagawa

1981年生まれ。日頃は、屋久島の山や川を、登山ガイド、リバーカヤックガイドとして案内。フォトグラファーとしても活動中。

・屋久島でのネイチャーウエディングフォト

・成人式フォト

・ホームページ制作を兼ねた宣材写真

・ガイドツアーで案内したお客様の旅写真

 

2011年にサラリーマン生活にピリオドを打ち、東京から屋久島へ移住。マイカメラを初めて持ったのは、大学生の時でした。ミノルタαシリーズ、まだフィルムカメラでした(笑)

社会人になってからはカヤックやシュノーケルなど海辺のアクティビティが趣味となり、防水デジカメを愛用していました。そして、被写体の宝庫・屋久島へ移住してから、CANONの一眼レフを購入。しばらくCANONユーザーでしたが、ある写真家の方と出会い、現在ではSONYのα7シリーズを愛用しています。最初に手にしたカメラって大事ですね。またαシリーズを手にすることになるとは(笑)

 

【主な使用機材】

ボディ:ILCE-7M3、ILCE-7M2

レンズ:PlanarT*FE50mm F1.4 ZA、FE 16-35mm F2.8 GM、FE 24-105mm F4 G OSS、フォクトレンダー NOKTON classic 35mm F1.4他

屋久島,屋久島フォト,屋久島写真,ファインダー越しの世界,フォトグラファー,屋久島風景
SONYαシリーズを使用しています。

かなりマジメなツアーなの?ミーハーな感じでも参加していいの?ツアーの雰囲気が分からない…という方は、About SHIMAYUI をご覧ください。島結のコンセプトでフォトツアーも開催しています!


屋久島で撮影した写真


なぜ屋久島でフォトハイクツアーをするのか?


屋久島の自然は、多様性に満ちています。屋久島の港や空港に着いて、車で30分も行けば、そこには、普段は簡単に見られることのない森が広がっています。屋久島は、森だけではありません。その奥には、山々がそびえたち、そこからは、澄み渡る清流が沢や川となって流れ落ちてきます。東西南北と水平線が見られる大海原を眺めることができるのも屋久島の魅力です。

 

東京から移住して、屋久島のガイドとして活動するうちに、この島にますます魅了されていき、カメラのシャッターを切らずにはいられなくなりました。被写体の宝庫ともいえる屋久島で、カメラを片手に山や森を歩き、川や海を眺める。そんな体験を皆さんにも味わってもらいたいと思い、このツアーをはじめることにしました。

 

屋久島に来るまでの私とカメラや写真との接点は、学生時代にフィルムカメラを持っていたことと、社会人になって広告会社で働くことになり、第一線で活躍するフォトグラファーの方の仕事を間近で見て来たことくらいでした。いうなれば、ド素人でした(笑)でも、屋久島に来て、プロのカメラマンさんと一緒に森を歩いたり、お話を聞いたり、もちろん独学も交えつつ、”なんかうまく撮れない”をひとつずつクリアしてきて、今に至っています。

 

なるべく簡潔に、なるべく分かりやすく、写真撮影のレクチャーをさせてもらいながら、一緒に森や山を歩きながら、撮影を楽しめるツアーを作っていけたらと考えています。レクチャー前のBeforeフォトとAfterフォトを比べて、ひとりでニンマリしてしまうそんな手応えのようなものを屋久島のお土産として持ち帰ってもらえたら嬉しいです。

 

さあ屋久島の大自然で、あなたらしい写真を残してみませんか?

 


屋久島ガイドがおすすめする、半日の過ごし方〈フォトハイク編〉


 

島結のフォトハイクツアーは、2つのプランがあります。屋久島での半日の過ごし方でお悩みの方も多いと思いますが、半日を有意義に、楽しく過ごしてもらえるタイムプランにしています。

 

「早朝プラン」…朝5時頃開始で、10時半頃終了のプラン

 その日の午後に屋久島からお帰りの方もご参加できます。半日しかない…でも最後まで楽しみたいという方にはガイドおすすめのプラン。朝は早いですが、その分、朝陽が昇る時間から柔らかな光が注ぐ、写真を撮るにはゴールデンタイムと言える時間帯のハイクツアーとなります。

 

「午後半日プラン」…13時頃開始で17時頃終了のプラン

屋久島に到着した日の午後にぴったりのプランです。屋久島初日の午後のフォトレッスンを受けて、翌日からのトレッキングツアーで、自分が思い描く写真を撮りたいという方のために、午後プランを設けています。

※翌日からのトレッキングツアーが、島結のツアーであれば嬉しいですが、そうではなくてもご遠慮なくご参加ください。

島結の想いは、あなたが思い描く屋久島の風景をカメラで撮ってもらうことです。 

 

 


屋久島フォトハイクツアーのご参加特典


屋久島フォトレクチャー教本をプレゼント


ツアー出発前に、PDF形式のフォトレクチャー教本をプレゼント。レクチャーでお話する内容を簡潔にまとめたものです。レクチャーの際に、こちらの教本を見ながらであったり、ツアーが終わった後に、もう一度内容を確認したいという時に役立つ教本になります。


ツアー中に撮影したガイドの写真プレゼント


ツアー中の撮影は、風景写真がメインになるかもしれません。ただ、作例として、屋久島の自然の中でのご参加者さんを撮影することもあります。ツアー中に私が撮影した写真をすべてプレゼントさせて頂きます。作例として、旅の思い出として、ささやかな屋久島のお土産になればと思います。写真の送付は、ツアー後日、メールもしくはLINE等でお送りさせて頂きます。


過去に屋久島で撮影した写真


屋久島フォトハイクツアー〈早朝/PM半日〉詳細とご注意事項


■ツアープログラム概要

早朝プラン、午後半日プランいずれもおおまかなプログラムは同じ内容になります。早朝プランは朝早くからのプランであること、レクチャー後の撮影時間と質疑問答の時間が長く取れる分、ツアー料金に違いがあります。

〈導入:約30分〉ハイキングエリアから最初の撮影スポットまで歩き、いつものように撮影をして頂きます。

※ここでは、レクチャー前と後の写真を最後に比べてもらうために撮影をします。

〈レクチャーA/約1時間半〉光について

〈レクチャーB/約1時間〉何をどう撮るか

〈撮影タイム:約1時間~1時間半〉ご自身で何をどう撮るか決めて自由に撮影してもらいます。

レクチャーは、歩いて、レクチャーをして、実際に撮ってもらうを繰り返して進めていきます。レクチャーも撮影タイムも分からないこと、さっき聞いたけど実際どう撮ったらいいの?など不明な点はどんどん聞いてください。 


早朝ツアーについて

■ツアーガイド料金(税込):

 

〈早朝プランの料金 〉

1名 13,000円 ※お一人の催行でも追加料金はかかりません。

2名 21,000円  (おひとりあたり10,500円) 

3名 24,000円 (おひとりあたり8,000円)

4名 28,000円    (おひとりあたり7,000円)

※料金には、ツアー保険、送迎が含まれます。

 

■ツアー定員数/参加条件:

1名様~最大4名様まで。

ご自分のカメラをご持参できる方。

デジタル一眼レフカメラ、ミラーレス一眼、コンパクトデジカメなど。

機能として、シャッタースピード、F値、ISO感度、ホワイトバランスなどマニュアルで設定ができるもの。

※ご自分のカメラが上記に当てはまるか不安な方は、カメラメーカー・機種などお知らせください。

※フィルムカメラは除く(すぐに被写体が確認できないため)。

※1名様から催行。人数に応じた料金となります。

 

■所要時間:約4時間程度。

朝5時頃の開始、10時半頃までには終了となります。

※ご参加者により前後致します。 

※悪天候が予想される場合、開始時間等ご相談させて頂く場合がございます。

 

 

■お迎え・集合時間:

朝4:30~5:00頃となります。 

※ご宿泊先と日の出の時間により、前後する場合がございます。

 


PM半日ツアーについて

■ツアーガイド料金(税込):

 

〈PM半日プランの料金 〉

1名 12,000円 ※お一人の催行でも追加料金はかかりません。

2名 18,000円 (おひとりあたり9,000円) 

3名 21,000円(おひとりあたり7,000円)

4名 24,000円(おひとりあたり6,000円)

※料金には、ツアー保険、送迎が含まれます。

 

■ツアー定員数:

1名様~最大4名様まで。

ご自分のカメラをご持参できる方。

デジタル一眼レフカメラ、ミラーレス一眼、コンパクトデジカメなど。

機能として、シャッタースピード、F値、ISO感度、ホワイトバランスなどマニュアルで設定ができるもの。

※ご自分のカメラが上記に当てはまるか不安な方は、カメラメーカー・機種などお知らせください。

 

※フィルムカメラは除く(すぐに被写体が確認できないため)。

 

■所要時間:約4時間程度。

13時頃の開始、17時頃までには終了となります。

※ご参加者により前後致します。 

 

■お迎え・集合時間:

13:00頃となります。 

※ご宿泊先やご到着の空港や港により、前後する場合がございます。

※ご昼食をお済ませの上、ご参加ください。

 


ハイキングコースと登山装備・持ち物について

■ハイキングエリア

季節やお天気・時間帯、エリアの混雑状況を考慮して、下記のエリアのいずれかにご案内します。

なるべくご希望をお伺いしますが、ご希望にそえない場合もあること予めご了承ください。

〇ヤクスギランド・小花山エリア

〇白谷雲水峡・奉行杉エリア

〇西部林道・半山エリア

※尚、目的が写真を撮ることになります。プログラムの関係上、ここまで行きますという目的地が決められません。

ここまでは行きたいなどトレッキングが目的の場合は、通常の日帰りツアーにご参加ください。

島結トレッキングツアー一覧はこちら

 

■送迎エリア:

宮之浦地区~安房地区~尾之間地区の地区のご宿泊先が対象となります。

※宮之浦地区は、スーパーヤクデンまで、尾之間地区は、いわさきホテルまでとさせて頂きます。

 

 

■登山装備/持ち物:

(登山装備)

トレッキングシューズ、レインウェア上下、ザック、ザックカバー、折り畳みの傘、ヘッドライト、防寒着(撮影時は寒くなるので、暖かめの服装でお願いします)、帽子、ストック、手袋など。カメラは、雨を防げるよう防水バッグやビニール袋などに入れてご準備ください。

 

(持ち物/ザックに入れるもの)

登山弁当(※早朝プランのみ朝弁当)、飲み物(スポーツドリンクまたは水)、行動食(お菓子など)、常備薬、予備のコンタクト・メガネ、折畳み傘、タオルなど。

 

 

詳しくは、山道具・装備一覧をご参照ください。

 

※ガイドが装備不足と判断した場合、ツアーのご参加をお断りすることがございます。

屋久島での登山装備に不安がある方は、事前にご相談ください。

 

※ツアーお申込前に、必ずご一読お願い致します!!※ 

 

■お支払方法について

ツアー当日現金にてお支払いください。

※なるべくお釣りのないようご用意頂けますと大変助かります。

 

■キャンセルポリシーについて
お客様のご都合によりキャンセルされた場合は、下記のキャンセル料が発生致します。
天候不良のため来島出来なかった場合や当日ツアー開始前に中止になった際にはキャンセル料は発生しません。
※大雨、洪水警報の発令の際は、全ツアーが中止となります。

14日前~8日前まで:お申込料金の30%
7日前~2日前まで  :ツアー料金の50%
ツアー前日(1日前)  : ツアー料金の80%
ツアー当日         :ツアー料金の100%

※尚、ツアー催行途中に、悪天候等により、ガイドがツアーの続行不可能またはコースの変更を判断する場合がございます。ツアー開始後の途中引き返しやルートの変更の場合は、通常通りの料金が発生致します。予めご了承ください。

 

 

■ツアー傷害保険について 

万が一に備えて、下記の保険に加入しております。

対象者:島結ツアーご参加者

死亡・後遺障害:1,000万円

入院日額:5,000円/日

通院日額:3,000円/日

引受保険会社:損保ジャパン日本興亜株式会社

※尚、保険の補償範囲外の責任は負いかねます。予めご了承ください。

 

 

■その他・ご注意事項:

・大雨・洪水・雷等警報発令の場合、ツアーは中止となります。

また、警報の発令がなくとも、台風の接近、大雨・洪水・雷など天候状況により、ガイドの判断でツアーを中止等にする場合がございます。

・ツアーご参加にあたり気になる持病(心臓疾患、循環器系疾患、足腰等の病歴や持病)

や体調面で不安等のある方は、事前にガイドへ告知をお願いします。場合により、医師の診断書をご提示いただく場合がございます。

・ツアー前に飲酒をされた方、ガイドが装備不足と判断した方、体力的または健康上の理由により参加不相応と判断した方は、ツアーへのご参加はお断り致します。

尚、ご妊娠中の方は、安全面にご考慮頂き、ご参加をお控え頂ければと思います。

 

本ツアーは、2020年9月1日以降より、開催致します。


【2020年フォトハイクツアー受付状況】

 

ご希望の日程にて、まずはお問合せください。

 

早朝ツアーは、天候により、明るくなってからの開始となる場合もございます。

 



最後に


すごくマジメなツアーなのかな!?と思った方。写真を撮ることはまじめにレクチャーをさせてもらいますが、東京から脱サラして屋久島へ移住するくらいの遊び心を持った笹川が案内するので、当然フォトツアーも遊び心満載です!時に、お客さんに唆され(一枚目)、時に、お客さんを唆し(二枚目)、最後は、和気あいあいと森から帰ってくる(三枚目)、そんな雰囲気を大切にしています。ぜひみなさんもカメラと遊び心を持って、ツアーへご参加ください。

こんな写真撮りたい!と言われたら…
こんな写真撮りたい!と言われたら…
屋久島写真,屋久島ガイド,屋久島風景,フォトツアー,旅行写真
思い付いたら、お客さんとすぐに遊ぶ
屋久島写真,屋久島ガイド,屋久島風景,フォトツアー,旅行写真
模擬ツアーの終了後の一枚